工場勤務を辞めたいあなたへ

19e2ee247544f8f8cd70c50507a3509c_s

あなたは工場勤務の従業員として働いていることに後悔しているのでしょうか?

残業によって多くの給料が得られ、黙々と自分に与えられた役割を遂行できる工場勤務は使命感ややりがい、役割を与えられていることに関する光悦感・責任感・満足感があるかもしれません。

しかし実は工場勤務において「長く続けることのメリット」がない現実というのは覚悟しなければいけません。

毎日決められた業務で多忙の中、人生設計を見直したい。プライベートなことも充実させたい。そんなあなたに伝えたいアドバイスをします。

参考にするかどうかは別にして、今後の為になればいいと思います。

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

tenshoku-type

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

①体調管理

まず1つ目は、体調管理ができているか考えることです。

例えば3交代制であれば日勤⇒夜勤の日は睡眠時間が3時間ほどしか取れないなんてことは月に複数回あるわけです。

これから何十年その生活を続けていくほど工場勤務の魅力に惹かれているのか?そういったことを自問自答してください。年を重ねるほどライフスタイルも変わっていきます。

子供が生まれて育てて、親の介護の面倒を見て3交代制の工場勤務の従業員として頑張っていきたいのなら続けていけばいいでしょう。しかも若い方なら体力勝負のこの業界、残業も多くできるでしょう。

しかし体力の衰えを感じているあなた。ずっと若い時と同じ仕事量ができるとは思えません。もう一度、続けるかどうか自問自答してみて「辞めたい」と思った場合は次のアドバイスを参考にして下さい。

②キャリア

次に2つ目ですが、工場勤務で現場を動かしている年代は30代から40代ですよね。万一50代まで続けたとしても、あなたは窓際族となるか、おとなしくタイムカードを打刻しに行っているだけとなります。

特別な役割が与えられていればまだしも、多くの人は工場の第一線から外れ入社したばかりの10代の子に心配されフォローされ仕事を明け渡していく。工場での経験は40代を超えると何の使い物にもならないということです。

やりがい・責任感を考えた時、あなたは50代から真っ逆さまに落ちていくということです。そして定年が早い工場が多いこともこの職業の特徴です。

工場のキャリアとは人間管理ができるかどうかということだけ。専門的な知識・智恵は必要ありません。己の体力が勝負の業界。

そして、30代・40代にピークが訪れます。50代からはただただ落ちていく現実が待ち受けています。

③給料

次に3つ目ですが、工場勤務の従業員の方は残業分で働いているようなもの。若くして年収500万以上稼ぐ方もいるでしょう。しかし、それは今だけです。

周りを見渡しても50代で仕事をしている方はいますが、ほとんど残業をしている方はいないはずです。工場勤務は体を蝕みます。

ずっと立ち仕事で腰を悪くされる方、粉塵などを吸い込み慢性的に喘息のある方、肺炎になる方など職業病になる方もいらっしゃいます。

そして過酷なシフトの中、いつも同じ風景・環境の中で仕事をしていて精神的にまいってしまう人もいるはずです。

若いときだけが勢いがあり、年収500万以上を稼いで働いている気にはなりますが、生涯年収にすると一般サラリーマンと同じかそれ以下になります。

実際その環境になるのが40代後半であり、ちょうど子供も大きくなってお金のかかる時。若い時の稼いだお金を計画的に貯金しておくことが理想ですが、こと工場勤務は同僚との交際費がかさみます。

しかもなぜか工場で勤務されている従業員は飲み代・コンパニオン代などお金のかかる遊びを好みます。さらにタバコやギャンブルなどお金の使い方の悪い典型でもあります。

周りがそのような人が多いので、付き合いでお金はどんどんぶっ飛んで行きます。

そのような環境の中でお給料を保っていくのは至難の技とも言えるでしょう。

④社会的に認められにくい

工場勤務はとても大切な職業だと思います。この大量生産により日本は発展してきました。日本の工場は世界に誇る工場が多く、自動車産業から小売産業まで大活躍しています。

しかし例えば「あなたの旦那さん仕事は何している人?」と聞かれ「工場勤務ですよ」と答えると「あー、その程度か」というような知ったかぶりの顔をされることがあります。

一流企業の工場ならともかく、地元の食品工場などならそれは顕著です。家のローンを借りる時も銀行からの厳しい審査があったり社会的にもあまり認められていません。

これが旦那本人の精神的にどのような影響を与えるのかはわかりませんが、あまり喜ばしいことではありません。

子供から見ても「お父さんは工場勤務。僕も将来、お父さんのような仕事に就きたい。」とはならないのではないでしょうか。

まとめ

あなたは40代半ばをピークに人生の終わりを迎えます。工場勤務は職業の特徴上、社会的に認められにくく、キャリアが積めにくく、夢を描きにくい職業であるとも言えます。

そういう状況から、転職を考えるのも1つの方法かもしれませんね。

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

tenshoku-type

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

ページの先頭へ