飲食店を辞めたいあなたへ

人手不足が深刻化している飲食店業界は、従業員一人にかかる負担が大きくなっていますよね。

たまたま勤めている飲食店に人手の余裕があって楽に働けるなら良いですが、実際はそうでないことのほうが多いです。そのため厳しい仕事をする状況に陥り、結果として辞めたくなることもありますよね。

あまりに辛くて本当に続けられないなら辞めるのもやむをえないですが、その前にまずできることがあればそれをやっておきましょう。

ここでは、飲食店を辞めたいという問題の解決について向き合っていきます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①従業員同士の連携を意識して仕事をする

飲食店の仕事に就いている人なら肌で感じていることかもしれませんが、飲食店でスムーズに仕事をするためには従業員同士の連携がとても大切です。

飲食店の仕事は主に厨房とフロアの2つに分かれていますが、どちらとも連携がしっかりしていないと仕事の効率は極端に悪化してしまいますよね。仕事の効率が悪化してしまえば、仕事は大変になるばかりです。

その結果仕事が終わるとグッタリ疲れきってしまい、もらう給料以上の疲労感を抱くことになりかねません。それでは飲食店を辞めたいと思うのも無理はありませんよね。

ですから、そんな状況にあると感じたときは、少しでも従業員同士の連携を意識して仕事をするようにしましょう。

どう仕事をすれば飲食店の業務が効率良くまわせるのか、それについて自分なりに考えてみます。また、従業員同士のミーティングをよく行い、意志疎通させておくことも大事です。

一従業員の立場でどこまでできるかはわかりませんが、自ら連携を意識して動くことにより仕事の効率の悪さが改善できるかもしれません。

たとえば、飲食店で客を席に案内してから注文を取るまでの時間が大幅に短縮できれば、それだけでも効率がだいぶ違います。

ですので、従業員同士の連携を意識した仕事を心がけるようにし、職場の環境改善を目指してみましょう。

②できる人を見習って仕事に取り組む

飲食店を辞めたいときはどうしてもマイナスに考えてしまいがちですが、そんなときこそできる人を見習う気持ちで仕事にもう1度真剣に取り組むことにチャレンジしてみましょう。

飲食店で仕事ができる人は、全体的にテキパキとした行動が身についています。テキパキと行動しているので、たとえ昼食や夕食の時間で客が殺到したとしても、慌てることなくさばききれます。

さばききれば、客対応がプレッシャーではなく、やり遂げた達成感になりますよね。

そうすれば毎日の仕事がおもしろくなってきますから、まずはそんなできる人を見習って仕事に取り組むようにすると仕事自体が少しずつ楽しくなってきます。

特にその飲食店に何年も勤めているようなベテラン従業員は、職場での立ち回り方に学ぶところがありますよね。また、副店長や店長のような全体を統括する立場の人を、参考にして見習っても良いでしょう。

できる人を見習って仕事をするのはとても大切で、その気持ちを持つことによってマイナス思考を吹き飛ばすことができます。

③接客そのものがあまりにも向いていないなら辞める決断もしかたない

飲食店の仕事は、よっぽど裏方の仕事でない限り基本的には接客業です。つまり、接客が満足にできなければ、仕事そのものができないということなりますよね。

たとえ上手い接客ができなかったとしても、お客からクレームさえつけられなければ大丈夫です。

しかし、何かしらの理由があって客からクレームを受けやすい、どう改善しようとしても上手くいかない、そんなケースは、接客そのものがあまりにも向いていないことの証明です。

努力をしたうえでどうにもならないのであれば、辞める決断をしたとしてもそれは責められません。

飲食店業界は基本人手不足ですので、よっぽど大きなトラブルがなければ一方的に辞めさせられたりはしないでしょう。しかし、接客の仕事が上手にできなければ、店には居にくくなってしまいます。また、できないことで、自分を責めてしまうこともありますよね。

それではメンタル的によくありませんし、飲食店だけに無理にこだわっても良いことはありません。ですので、どうしても向かないと判断したなら、潔く辞めることも検討して構わないでしょう。

まとめ

飲食店の仕事は人と関わり合いの強い接客業ですので、気苦労が絶えません。

ですが、従業員同士の連携を意識した仕事をしたり、できる人を見習ったりすることで、状況の改善が見込めます。ただ、それで万事解決しないこともありますよね。

接客の仕事がそもそも性格的に向いていなければどうにもならないですから、そのときは潔く辞めてしまうのも、人生のためを思えば決して間違った決断とはいえないでしょう。

飲食店の仕事は今後なくなることがほぼない需要のある仕事ですので、できれば長く続けてノウハウを習得していくのが望ましいです。

ですので、最終的に辞める選択肢もあるとふまえたうえで、できるだけ続けられるように尽力してみることが大切です。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

ページの先頭へ