販売の仕事を辞めたい

370a5239367ac83678930730d67efdac_s

販売の仕事は多くの人がオシャレでかっこよくて憧れえる職業だと思います。たしかにそうです。

オシャレで最新のトレンドにもしっかりアンテナをはって常に情報を収集する事でお客様に説得力のある接客が出来るのです。

自分がおススメした商品、コーディネートが称賛されて購入に至る。これはすごい事で、特に購買意欲もないお客様を購入まで導くにはテクニックや感性が必要となります。

ショップにはいろんなお客様がご来店いただけ、その人その人での違った接客が必要になるのとよっぽど気になっていただけないと難しい試着まで持っていくテクニック。

そして他の他のスタッフとは違う個性。これだけの条件を満たすのに影での努力と我慢をし続けないといけないのもこの仕事の事実です。

自分と向き合う

販売の仕事で常についてまわる個人予算。月でいくら売り上げを上げなさい。という数字と日々闘っています。

そのプレッシャーは大きく予算まで少し足らなければ自腹をきる事なんて日常的にあり、かなりの窮地に追い込まれているスタッフは焦り過ぎて接客にも余裕が無く表情も引きつって、ただただ怖いだけの人もいますよね。

それだけのプレシャーの中で戦っているのでスタッフ間でのお客様の取り合いもあって意外とドロドロした関係性があったりもします。

月の予算を達成できなければ会社からは評価されず、給料泥棒など向いてないんだから辞めれば?などひどく心を傷つけられる事も多いです。

さらに販売の仕事はお金が溜まらない職業と言われています。制服代が必要な会社もあるでしょうし、もちろんトレンドに敏感ではやっていけないので雑誌の購入。

女性なら化粧品もバカにならないでしょう。

なんでこの職業を続けているんだろ?と自問自答する事もあると思いますが、そんな時は入社前の自分を思い出してみて下さい。

まだ中身を知らず、イメージだけで憧れていた自分。そして何よりもオシャレが好きでもっともっとオシャレになりたいという素直な向上心。

それがあなたの原動力だったはずです。あなたは決してこの気持ちを忘れてしまったわけではありませんよね?

色んな事を経験した事で考える事が増えてしまっているだけです。もう一度向き合ってみてはいかがでしょうか?

あなたの理想と今の自分ではちょっとずれてしまっているのかもしれませんね。

お客様としっかり向き合う

あなたのおススメする物だけが欲しいわけでは無いので求められている物を瞬時に見抜くチカラ。周りのスタッフの接客のキーワードを勉強するのも良いですよ。

接客の幅が拡がりいろんなお客様との会話に対応できます。最後にあなたの誰にも負けないという武器を捜しましょう。何でもいいのです。

トレンド知識であったり色使い、スタイル、笑顔など本当に何でもいいんです。それを自信持ってアピールするんです。次第にあなたの持ち味を求めお客様はご来店いただける事でしょう。

そして日々何か一歩ずつステップアップするんです。人は人のダメなところを見つけるのには誰もが長けているのですが、良いところを見つけるのは下手です。

おかしな話しで人のいい部分を吸収して自分の成長につなげないといけないのにそこに目を向けずダメなところをピックアップしてお互いに落としあいをする。

まったく馬鹿げています。

そんな事をしている時間はありません。あなたが好きでやっているこの仕事は誰に何と言われても好きなんです。自信を持って仕事をしている人には必ず結果が付いてきます。

最後に

私ができるアドバイスというたいそうな事でもないですが、同じ販売の仕事をやっている仲間が悩んでいるのであれば是非ともがんばって頂きたいです。

そしていつかもっとオシャレになって誰もが羨ましがるような存在になった時、また入社当初の自分を思い出してみたり、いま悩んでいるあなたの事を思い出してみて下さい。

きっと成長した自分に気付けたり、なんであんな事に悩んでいたんだろう・・・と思えるでしょう。

同業の人で同じ悩みをもった人も多くいるでしょう。一般的なイメージとは違う為にあまり共感される事は少なく、苦労はあるでしょうが、本当にファッションが好きであれば絶対に続けるべきです。

移り変わりの激しいトレンドを追いかけてがんばって、がんばりきってもうこの世界に悔いはありません。と思えるぐらいまで頑張ってみましょうよ。

自分の気持ちに素直になって、販売の仕事に誇りを持って、誰にも負けない武器を掲げ、どこの誰もが憧れる世界であなたという個性を活かしてみましょう。

いつかあなたにおススメされた物じゃないとダメ。だとかあなたのコーディネートは他の人とは違うから好き。という販売員として最高の言葉をいただける事でしょう。

それまでは色んな苦労も笑い飛ばして、どんなに失敗してもくじけないず、心が折れそうな時はいっぱいはしゃいで発散して再出発するんです。

他の周りの人も同じような事で悩んで壁にぶちあたって、それでも前へ進んでいることでしょう。でも大丈夫。あなたも負けずにがんばれますよ。

ページの先頭へ