コールセンターを辞めたいあなたへ

コールセンターの仕事は一見楽そうに思われやすいですよね。1日中座っていて楽な仕事だろうと、とらえられやすいです。

確かにそんな一面もありますが、実際はかなりのハードワークです。

しゃべり続ければ喉は次第に枯れてきますし、いつも対応しやすい客ばかりとは限らないですから精神的に苦しいこともあります。

また、接客中の通話は録音されていることが多く、後から接客について現場のリーダーから厳しく指導されることもあるでしょう。

それが毎日連続すれば「コールセンターを辞めたい」と思ってしまうこともありますよね。

そんなときどうすれば良いのか、これから3つほど提案していきます。

仕事を辞めたいと悩んだらプロに相談しよう!

もし、今の仕事を辞めべきか悩んでいるのなら、転職エージェントに相談して、アドバイスを貰いましょう。キャリアアドバイザーがマンツーマンで退職相談含め「辞めるべきか、転職すべきか」をプロの目線からアドバイスしてくれます。

今のあなたに大切なことは、今の仕事を辞めたとして、探せば転職先は見つかるかという点です。

リクルートグループのリクルートエージェントなら最大手ですし、転職を無理強いしないと宣言していて、全国に相談拠点があり「土日祝日・平日20時以降」も相談OKなので、安心して相談できますよ。

まずは、リクルートエージェント無料相談してみる

※転職希望時期は未定を選択してOKです。

①勤務日数を減らして様子を見る

仮に週5日のフルタイム、あるいはフルタイムでなくても週4日ぐらいのペースで勤務しているなら、まずは勤務日数を減らしてみるのが良いでしょう。

週に何日も働いていれば、体も心も疲れやすくなります。たくさん働いても仕事への意欲が尽きないなら別に構わないですが、そうでないなら勤務日数を思い切って減らしてみることで今の状況を客観的に知ることができますよね。

勤務日数を減らせば、その分給料は減額します。ただ、プライベートな時間は増えますので、生活に精神的な余裕が生まれます。

もしも週3日まで勤務日数を減らせば、1日2日勤務しては1日休むというような勤務シフトにできます。

また、3連勤4連休にしても構わないです。それだけ余裕があれば、たとえ仕事そのものが辛いと感じたとしても、乗り切れる可能性が高くなるのではないでしょうか?

幸いにもコールセンターのシフトは、自由に決められるケースが多いです。病欠以外で当欠を連続させるようなことは迷惑になるのでいけませんが、勤務日数を減らすなど基本シフトを変更したりすることはやりやすいです。

ですので、ひとまず勤務日数を減らしてコールセンターの仕事に対するとらえ方が自分の中でどう変わるのか、様子を見てみると良いでしょう。

もしも少ない勤務日数ならあまり問題なく続けられるというのなら、辞めないで済ませられますよね。

仕事を辞めても次の仕事がすぐに見つかるかどうかわかりませんし、勤務日数を減らして様子を見るのは無難な対応策といえるでしょう。

②仕事のやりがいを探そう

どんな仕事でもそうですが、仕事にやりがいが見つけられないと辛くなりますよね。それはコールセンターの仕事も同様です。

そこで、何かしらのやりがいを、多少強引でも構いませんから見つけてみましょう。

例としては、どんなお客にも満足してもらえるようなフレキシブルな対応を目指して会話のパターンを考える、スーパーバイザーなどのリーダー職を目指す、滑舌をよくしてお客に意志が完璧に伝わるよう発声のしかたを工夫するなどが挙げられます。

これらは、コールセンターで仕事をするうえでのやりがいになりますよね。

どれも一筋縄ではいきませんので努力をすることが必要不可欠ですが、その分仕事にやりがいを感じられるようになります。やりがいを感じて仕事に取り組めれば、少々のことで「辞めたい」とは思わなくなります。

たとえ厳しいことがあったとしても、そう簡単には挫けないで逆に「頑張ってみようじゃないか」と思いやすくなります。

そうすれば、しばらくは仕事に対して前向きに取り組むことができるでしょう。

③配置転換を上司に申し出てみる

これは全体的な職場の状況がかみ合わないと上手くいかないので確率的には低くなってしまうかもしれませんが、配置転換を思い切って申し出てみるのも1つの対応策です。

コールセンターの仕事は、電話の受発信だけとは限りません。それだけではなく、パソコンに向かってデータ入力をするようなデスクワークの事務仕事も存在します。

もしもお客と会話をし続ける仕事にどうしても限界を感じるようなら、他の仕事に配置転換してもらえばそれまでの気持ちが嘘のように仕事を続けられる可能性が出てきます。

配置転換の希望はこちらのわがままですので、希望を受け入れられるかどうかはわかりません。また、そう希望することで、上司からの心証が悪くなってしまうことも、覚悟しておかなければいけないでしょう。

しかし、配置転換によって辞めないで済むなら、そのほうが自分にとっても会社にとっても良いですよね。

ですので、お客との会話が辛いという理由でどうしてもコールセンターを辞めたいときは、違う仕事を希望するための配置転換を上司に申し出てみましょう。

まとめ

コールセンターで働いていて「この仕事に向いていない、辞めたい」と思ってしまうことがあっても、決して不思議ではありません。

ただ、そこで一歩踏みとどまって何か対策を講じるのも、大切なことです。

いろいろな対策を取った結果としてどうしても辞めたいならしかたがありませんが、そうでないなら上記に挙げた3つの提案を参考にしてみて下さい。

状況が劇的に変化するというのはさすがに望めませんが、コールセンターの仕事に対するとらえ方が変わってくる可能性は十分あるはずです。

仕事を辞めたいと悩んだらプロに相談しよう!

もし、今の仕事を辞めべきか悩んでいるのなら、転職エージェントに相談して、アドバイスを貰いましょう。キャリアアドバイザーがマンツーマンで退職相談含め「辞めるべきか、転職すべきか」をプロの目線からアドバイスしてくれます。

今のあなたに大切なことは、今の仕事を辞めたとして、探せば転職先は見つかるかという点です。

リクルートグループのリクルートエージェントなら最大手ですし、転職を無理強いしないと宣言していて、全国に相談拠点があり「土日祝日・平日20時以降」も相談OKなので、安心して相談できますよ。

まずは、リクルートエージェント無料相談してみる

※転職希望時期は未定を選択してOKです。

【コールセンター スーパーバイザー 2年目】クレーム対応でストレスが溜まり辞めたいです

辞めたい理由

私はコールセンターでスーパーバイザー(SV)として働いていました。私がコールセンターに就職したきっかけ、コールセンターというと楽なイメージがあったからです。体を動かさずに自分の話術だけでお金を稼いでいくというのにとても憧・・・

ページの先頭へ