CADオペレーターを辞めたいあなたへ

CADの仕事は、製造業、建設業において、とても重要な役割を果たしています。

しかし、毎日、パソコンを目の前にして、単調な作業の上にCADで図面に起こしていく対象の製品の仕様も常に進化していくので、図面作成の知識取得だけでなく、製品そのものの理解をしておく必要があります。

日々、進歩していく必要性が求められるCADオペーレーターの仕事に魅力を感じなくなった人は、一体、どのようにして、マインドを高めることができるのでしょうか?

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①CADの有望性をもう一度、振り返ってみること

CADの仕事は、建設業や製造業だけにあるわけではありません。

図面を書くことなので、デザイン会社、アパレル会社、食品製造、部品メーカー等、あらゆる幅広い業界で求められる有望な職種なのです。

その仕事を辞めたいというのは、他の職種に携わる人々から見ると、かなり残念なことです。CADオペレーターは、引く手あまたと言っても過言ではありません。

したがって、今までCADで自分が作成した図面が、どのように活かされるかを、今一度、振り返ってみてはどうでしょうか?

そうすることによって、自分の成果物である図面のおかけで、他に部門の仕事に活用されていることを知ると、あらためにCADの重要性が再認識されることと思います。

確かに、図面を作成する意義を理解していないと、毎日、”こなすだけの仕事”になってしまいます。

自分の働きは、他の部門、次に作業工程に引き継がれているのだということを理解して、図面を作成することで、やりがい感や充実感が全く異なってきます。

まずは、自分の置かれたCADオペレーターの存在意義を振り返り、そのすばらしさや重要性の認識を新たにすることです。

②CADのスキルアップのための自己研鑽

CADオペレーターの意義・存在価値が再認識できた時点で、もうあなたは、この仕事に対するやりがいや自負も強く深いこだわりを持てるようになってきます。

次にやるべきことは、”一流のCADオペレーター”を目指すことです。そのためには、日々の自己研鑽が必要になってきます。

確かにCADソフトを扱うことができるようになれば、図面が作成できて、いっていいの仕事をこなすことは可能です。

しかし、最近のCADソフトのオペレーティングができることや、ちょっとした応用テクニックで、図面作成の質が高まったり、作成時間の短縮が図れるようになってきます。

そうなると、限られた時間・締め切りの中で、迅速なアウトプットが可能になってきますし、質の高い数多く図面を仕上げることができるようになります。

これは後に続く工程に携わる人々にとっては、大変ありがたいことで、あなたの評価も”仕事のできる人”という価値観に変わってくることでしょう。

自己研鑽の方法はいくらでもでありますが、外部のCAD講習やセミナーや専門雑誌の定期購読により知識習得を図りつつ、インターネットでCAD専門サイトや専門SNSで、同業者との意見交換・情報交流をすることで、自分の知識もより実践的な知識にレバルアップしていきます。

そうすることで、CADのオペレーティングの錬度も高くなってきますので、質の高い図面作成がいとも簡単に行うことができるようになってきます。

③将来のビジョンも明確に持つこと

仕事を心から楽しんでいる人は、自分の仕事が社会的な評価を得ていることが分かった時に、やりがい感を感じているものです。

そのような意味では1つの業界や企業に縛られずに、転職することで、複数の業種・業態を体験していき経験を積んで、キャリアアップを目指しています。

CADオペレーターの仕事も同様です。一般的に営業やエンジニアより、業界問わず、必要不可欠な人材として求められいます。

このような背景から、CADオペレーターを極めたいと思えるようになったのであらば、CADの仕事で自分の存在価値を高めるべく、転職までも意識したキャリアアップのビジョンを持つことも、おすすめです。

そうすることによって、さらに自分の知識や経験が積み重ねされることになりますし、日々進歩している製品や環境の状態も俯瞰(ふかん)して見ることができるようになります。

広い視野でCADオペレーターの存在意義を見ることができるようになれば、自分が次に進むべき方向性もおのずと見えてくるようになるのです。

まとめ

CADオペレーターの仕事は、傍から見ると、一見地味な仕事に写ってしまいがちです。確かに黙々と図面を作成するだけの仕事に思えていまいます。

しかし、前述の通り、あらゆる業界・企業で必要不可欠な職種であることも事実です。

そのために、CADオペレーターとして働くことができることは、特殊能力を持っている貴重な人材でもあるのです。この仕事を辞めたいと思っている人は、再度、この仕事の意義を見つめ直して、再考してみることです。

自分でCADオペレーターの価値が分かれば、キャリアアップのストーリーの中で、独立して働くという一生を担保できる理想の仕事として、確立させることができるのです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

ページの先頭へ